カテゴリー
事業承継 30年からの特例措置

30年からの事業承継特例,贈与税

カテゴリー
事業承継 30年からの特例措置

30年からの事業承継特例 相続税

カテゴリー
事業承継 30年からの特例措置

特例承継計画

都道府県への計画書は 提出後も何度でも変更が可能 当初想定していた後継者とは別の後継者に 継いでもらいたいということが起こっ ても, 計画を変更できる 特例承継計画提出時に求められる要件 ①中小企業者であること, ②先代 […]

カテゴリー
事業承継 30年からの特例措置

後継者の要件

贈与の時に 会社の代表権を有していること、 20歳以上である 贈与の日まで引き続き3年以上、会社の役員である 後継者と,その同族関係者等で その会社の議決権の50%超の議決権を有する 後継者の有する議決権数が、 次のいず […]

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

特定の美術品,相続税の納税猶予制度

平成31年1月1日以降 寄託先美術館の設置者と特定美術品の寄託契約を締結し、 認定保存活用計画に基づき、 その特定美術品をその寄託先美術館の設置者に寄託していた者『被相続人」から 相続又は遺贈によりその特定美術品を取得し […]

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

令和元年7月1日以降施行

自宅の生前贈与部分が遺産分割対象外(持戻しされない) 預貯金の仮払い制度 遺言執行者の権限の改正 相続財産の登記で,遺言書があって,法定相続分を超える場合は登記が必要

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

自筆証書遺言改正

自筆証書遺言の様式緩和(所定部分はPCなどでの作成可など) 平成31年1月13日より 法務局での自筆証書遺言の保管制度 令和2年7月10日より

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

遺留分制度

遺留分を侵害された者は、遺贈や贈与を受けた者に対し、 遺留分侵害額に相当する 金銭の請求をすることができるようになります。 令和元年7月1日以降

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

特別寄与料

令和元年7月1日以降施行 相続人以外の親族が、被相続人の療養看護等を行った場合、「特別寄与料」の額が確定した場合には、当該特別寄与者 が、当該特別寄与料の額に相当する金額を 被相続人から遺贈により取得したものとみなして、 […]

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

非同居の相続人

被相続人の相続開始時に配偶者が同居していた場合には、 従前の「小規模宅地等の特例」の適用上では、 非同居の相続人につい ては 小規模宅地等の特例」の適用は認められませんでしたが、 今後は配偶者居住権は配偶者が取得して 配 […]

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

配偶者居住権計算例

配偶者居住権に関する規定は、令和2年4月1日施行 計算例(各人により数字は異なります) 耐用年数22年木造 固定資産税評価額500万円 経過年数15年 残存年数 建物の相続税評価額(500万円)- 建物の相続税評価額(5 […]

カテゴリー
さいたま市 大宮浦和春日部税務署管内で頼れる税理士

帳簿

(帳簿の備付け等) 第七十一条 事業者(法第九条第一項本文の規定により消費税を納める義務が免除される事業者を除く。)は、帳簿を備え付けてこれにその行つた資産の譲渡等又は課税仕入れ若しくは課税貨物(法律又は条約の規定により […]

短期事業年度

(短期事業年度の範囲等) 第二十条の五 法第九条の二第四項第二号に規定する前事業年度から除かれる同号に規定する政令で定めるものは、次に掲げるものとする。 一 その事業年度の前事業年度で七月以下であるもの 二 その事業年度 […]

事業を開始した日

(事業を開始した日の属する課税期間等の範囲) 第二十条 法第九条第四項に規定する政令で定める課税期間は、次に掲げる課税期間とする。 一 事業者が国内において課税資産の譲渡等に係る事業を開始した日の属する課税期間 二 個人 […]